生活のアクセントとなる無垢のスツール

スツールとは、一人掛け用で背もたれのないイスのことで、無垢の木が主な素材として使われているのが特徴です。当然ながら、スチール製や塗装で加工された製品もありますが、素朴な温もりを求めるのであれば、やはり加工が最小限に留められている物の方が魅力は強まります。背もたれがないイスなので、長時間の集中的なデスクワークには向きませんが、一息ついて座りたかったり、家族や友人といった仲間たちと会話を楽しみたい時に適します。素材感は何といっても、木の持つ質感が素朴に表現してくれますから、人工的な印象やわざとらしい演出を感じずに済むはずです。手で触れても、目で見ても楽しめる魅力を備えているので、部屋にあっても邪魔にならず、実用性を兼ね備えたインテリアアイテムとなるでしょう。

素材感が活かされる無垢のスツールとは

無垢とは勿論、塗装やコーティングが施されず、最低限のワックスだけで加工されている素材のことで、スツールでは特にその素材感が活きます。例えば、イスの場合は座面だけでなく、脚の部分も全て木で作られていることが珍しくないので、一体感のあるインテリア家具となります。また、木目や色合いは自然に任せられているので、均一の質感を持つ工業製品とは異なる個性が価値に加わります。更に、時間を掛けて少しずつ変化する、経時変化が楽しめるのも木製ならではの魅力です。大切に正しく扱えば、数十年単位で役に立ってくれますから、愛着が湧いて手放せない存在になるでしょう。使用中に付く傷すらも、個性を強め魅力を引き立ててくれるので、工業製品に魅力が感じられない人に応える、自然で優しい選択肢となります。

生活を楽しくしてくれるインテリアのアイテム

木製の製品は、金属やプラスチックとは違って、見たり触れる人に安心感を与えてくれます。これはイスにもあてはまる特徴で、体を預ける家具だからこそ、より身近に感じられるアイテムとなります。金属は丈夫でプラスチックは軽い、こういった利点は素材ごとにあるので、家具においても適材適所だといえるでしょう。しかし、温もりや肌触りに限っては、天然素材の木に勝る物はないと考えられます。金属と比べて耐久性が不安、このような疑問には木の選び方と加工技術が答えてくれます。木も使い方によっては金属のように丈夫で、しかもサビたり腐らず長持ちすることが少なくありません。プラスチックに対し重量の点ではやや劣るかもしれませんが、イスは頻繁に移動する物でなく、重量感が安定感に繋がるので、むしろ安心して座れる安心感に変わります。